何から手を付ければいい?引っ越し準備の流れ


引っ越し先の物件を決める

引っ越しをするなら、まずは引っ越し先の物件を決めましょう。引っ越し先がはっきりしないことには引っ越しを具体的に進めることができません。どこの地域のどのような物件に住みたいのか、できる限り早めに物件探しに着手するのが重要です。物件は時期によって数が少なくなることがあります。具体的には2~3月頃、年度が替わる辺りです。この時期になると4月からの転勤や進学のため、物件探しをする人が増えます。そのため、人気の物件はいつも以上のスピードですぐに埋まります。また、さほど人気でない物件もどんどん入居者が決まっていきます。物件探しにまごついていると、地域によっては契約できる物件がほとんどなくなる場合もあるので、早め早めに行動しましょう。

引っ越し業者を予約する

引っ越し先が決まったら引越し業者の予約をします。先に触れた通り、2~3月は物件探しをする人が多くなるため、必然的に引っ越し業者も繁忙期となります。特に3月はどこの引っ越し業者もスケジュールが埋まるので、予約が遅いと希望の日取りに引っ越しを依頼できないという可能性も。引っ越し業者への予約もできる限り速やかに行いましょう。

不用品を処分しながら荷造りする

引っ越し先を決め引っ越し業者の予約が完了したら、あとは引っ越しの日までに荷造りをしましょう。家の中にはもう使わない不用品などもあるかもしれません。引っ越しはこういった不用品を処分する良い機会でもあります。不用品を処分し、新居へ運び込む荷物が減らせれば、引っ越し料金も抑えられます。引っ越しの際は何かとお金がかかるため、こうした工夫で費用を節約するのがポイントです。

自然環境に恵まれた苫小牧の賃貸は、単身者からファミリー層まで幅広く支持されています。空港や港へのアクセスも良好です。