どうすれば満足する?ローコストで理想の家


家族で理想を話し合う

家造りにできるだけコストはかけたくないが、せっかく作るならば理想をかなえたいと思う人は多いです。ローコストで理想の家を建てるためには、コストをかける部分とそうではない部分とのメリハリをしっかりつけることです。まずは、コストをかける部分を決めるために、家族の理想の家を話し合うとよいでしょう。理想を出し合って、その優先順位を決めれば、いざ設計をして予算オーバーした場合も、削る部分をすぐに判断することができます。

後付けオプションカットでコストダウン

こだわる部分以外は、コストダウンの対象です。コストダウンの方法はいくつかありますが、そのひとつが後付けオプションのカットです。住宅の設計と建築では、建築だけではなくオプションというものがあります。エコカラットや食洗器、浴室乾燥機納などがその代表ですが、これらをカットしましょう。必要ならば、後から購入することができるものです。

積極的にDIYを行ってコストダウン

コストダウンのポイントのひとつとして、積極的にDIYを行うというものもあります。ウォークインクローゼットや水道、塀などの大きな工事は、専門家に依頼するしかありません。しかし、小さな収納や外構工事のいくつかは、DIYで自分で作ることも可能です。できるだけDIYで済ませてしまえば、余計な費用を掛けることがないのでコストダウンにつながります。

シンプルな家造りでコストダウン

コストダウンをするためには、シンプルな家造りを目指すことがポイントです。こだわりたい部分以外は、できるだけシンプルにまとめると、建材や作業の手間が減るので、かかるコストを減らせるでしょう。シンプル外観にするほか、シンプル間取り、水回りのまとまりなどがその代表例です。

一般的な建築予算と言われる3000万の家はミドルコスト住宅と呼ばれており、外壁素材や内装の壁紙などを自由に注文できます。