納得!賃貸住宅の選び方と北海道の物件の特徴


賃貸住宅は自分のライフスタイルで選ぶことが大切

賃貸住宅は、一概にこの住まいが良いと断定することはできません。それは、住む人それぞれの生活スタイルが異なるからです。例えば、日中、家にいる時間が長い人や、洗濯物を太陽の光に当てて自然乾燥させたい人は、日当たりを重視して住まい選びをすると良いでしょう。一人暮らしで、できるだけ家賃を抑えたい人には、トイレと風呂が一緒になった物件が好まれています。忙しく帰宅時間が遅くなる女性は、駅から近い賃貸住宅を選ぶと満足度が高いようです。

さらに、家で料理をすることが多い人は、キッチンの造りや高さを考えることも大切です。キッチンが狭いと、伴って収納が少なくなる傾向があり、台所用品やストックを置くスペースが取れず、使い勝手が悪くなってしまいます。また、キッチンの高さが合わないと、腰痛になるなど体を壊すことにもつながるため、選ぶうえで大事なポイントとなります。

北海道の賃貸住宅の特徴とは

賃貸住宅の造りや設備は、地域によって異なることがあります。特に北海道では、本州など他の地域にはない特徴があるようです。例えば、賃貸住宅であっても、暖房器具が付いた物件が多くなっています。暖房器具が備え付けの物件であれば、自分で暖房設備を用意しなくてよいため、引っ越しの際の荷物を減らすことができます。また、北海道の賃貸住宅は、窓が2枚となっている物件が多いのも特徴です。窓が複数あることで、特に冬場は室内の温度を高く保つことができ、暖房効率を上げることもできます。また、一戸建ての賃貸住宅には、ドアの外側に「玄関フード」と呼ばれる雪や風を防ぐスペースが設けられていることがあります。

小樽の賃貸は、近くの駅は人の利用が活発ですが、町全体が静かで治安の良い点が特徴です。ワンルームの平均相場は3万円前後と、比較的安いです。