地域密着型の注文住宅で夢のマイホームを実現する!


気候や風土などの日本の地域性を生かす

春、夏、秋、冬。日本には、美しい四季があります。しかし、日本には、四季だけでなく、縦長の島国という特徴があり、それゆえに、北は寒い北海道から、南は暑い沖縄まで、同じ季節であっても気候条件がさまざまに変化しています。積雪を例にとれば、北海道や東北地方、また日本海側など、それぞれに積雪量が異なります。また、同じ冬でも、沖縄で雪を見ることはないでしょう。そうした気候や風土と共に生き、その土地に合った住宅で暮らす。そんなマイホームは、人と自然を結ぶ憧れの空間ではないでしょうか。

地域密着型の注文住宅なら工務店がいい

地域密着型の注文住宅を建てたいならば、ずばり工務店がおすすめです。ハウスメーカーの場合、それぞれが独自のブランドで全国展開していますが、工務店は、住宅の設計から施工まで一貫して行う地域密着型。つまり、地元だから地域の事情をよく理解し、その土地の気候や風土に合った住宅建築が可能なのです。例えば、夏の熱射が厳しい地域性を理解する地元の工務店ならば、太陽光発電の効果的活用を提案してくれるでしょうし、それと関連し、瓦屋根をお勧めしてくれるかもしれません。このように、地域密着型の工務店ならではの提案をもとに、住む人の希望に沿った注文住宅が可能になるかもしれませんね。

気候や風土以外にも、最適な住まいづくりには、土地状況、環境、その土地の建築条例など地域に即した情報がとても重要になります。地域に密着した、地元の工務店ならば、その土地の風土を加味した「心地いい家」「快適な家」を手に入れるのも夢ではないでしょう。

横浜の注文住宅を検討するなら、今がチャンスです。横浜市には令和4年3月31日までの新築住宅に対して、固定資産税の減額制度が設けられています。対象要件をしっかりと確認して、かしこく節税しましょう。