どうやって設計する?おしゃれで快適な家造り


おしゃれな家はテイストが統一

家の設計をする際には、できるだけおしゃれで快適な家にしたいですが、おしゃれがどのようなものかわからなければ設計することはできません。和風にしたい、モダンにしたいなど家に対するこだわりは様々ありますが、そのすべてを取り入れようとすると、却ってごちゃごちゃとした印象になってしまいます。おしゃれな設計をするためには、まずは家全体のモチーフやテイストを統一することが必要です。

イメージだけで決めない

おしゃれな家のイメージは人それぞれです。しかし、イメージだけで設計を取り入れてしまうと、後悔することになります。実用性も考えて設計を決めると快適さと両立させることができます。例えば、大きな窓は開放的でおしゃれなイメージがありますが、向きや大きさによって夏場は日差しが強く、冬は冷気がきつくなってしまいかねません。

収納を適宜各部屋に設ける

おしゃれと快適を両立させるためには、収納を適宜設けることが必要です。収納があらかじめ供えられていれば、部屋の内装に合わせることができて、後つけの収納よりも部屋にマッチします。収納があれば、物が散らばることも少なく、快適に過ごすことができるでしょう。ライフスタイルに合わせて収納を設ければ、無駄な動きも少なくなります。

素材のバランスを考える

おしゃれな家を設計するためには、素材のバランスを考えることが必要です。壁の素材と床の素材のそれぞれにこだわりを持つ人はいますが、その両方の兼ね合いを考えて選ばなければ、どちらも主張が強い圧迫感のある部屋となってしまいます。

コンセントの数と位置

コンセントの数と位置をあらかじめ考えると、快適に過ごすことができます。家具や家電に配置を考えつつ、コンセントの位置と数を決めます。

ローコスト住宅は、選択可能なデザインが限られますが、ハウスメーカーや工務店のノウハウや技術が結集されており、中には一千万円台で購入できるものもあります。