デザインの自由度の高さも魅力!狭小住宅で暮らす利点


屋上も活かしたデザイン

土地が狭いので庭もない狭小住宅しか作れなくて、洗濯物を干すスペースがないことに困っている時には、屋上付きの狭小住宅を建築することをおすすめします。屋上は直射日光が当たりやすいために、洗濯物を干すスペースとしても最適です。狭小住宅でも屋上を作ることは難しくありませんし、屋上を緑化することで心が落ち着く空間も作れます。子供を遊ばせるスペースとしても屋上は活用できて、庭の代わりに使えるのも魅力的です。

天窓を使って採光性を高める

周囲に大きなビルがある土地に住宅を建築しようとすると、ビルが日光を遮ることで採光性が物足りないと感じる可能性もあります。採光性が不十分な狭小住宅になってしまいそうな時には、天窓を取り付けることで直射日光を室内に届けてください。2階だけでなく1階部分まで天窓からの明かりが届くように、構造を工夫することで狭小住宅の採光性も高まります。断熱ガラスを使った天窓を取り付けると、直射日光が原因で室温が上がりすぎないか心配する必要もありません。

免震機能のある住宅を目指す

横幅が狭い住宅は地震に弱くならないか心配で、狭小住宅を建てる気になれない方々は、評判の良いハウスメーカーに相談してください。狭小住宅でも地震の揺れを吸収する免震機能をつけられて、地震に怯えずに快適な暮らしを楽しめます。揺れに強くて価格が安い住宅を建築できるのも、狭小住宅が注目されている理由の一つです。横幅が狭くても地盤が強い土地も珍しくありませんから、まずは土地探しからサポートを受けることをおすすめします。

現代人は持ち物が多すぎる傾向があります。自分の持ち物を見直してみましょう。本当に必要な物は意外と少なくないですか?必要な物だけを持つ暮らしなら狭小住宅でも快適に暮らせます。